松本クラフトフェア
b0129777_20253811.jpg


先日の土日に長野県で開催された、松本クラフトフェアに出展して来た。

今年が初めての出展だったのだが、噂どおり本当にたくさんのお客さんで、
会場のあがたの森は活気に溢れていた。

たくさんのお客さんに自分の作品を見てもらうことができて本当に嬉しかった。

全国から作家やお客さんが集まるので、懐かしい友人に会えたり、ネット上で知り合った人と初めて顔を合わせたり楽しい出会いもたくさんあった。

何より刺激的だったのは、一日目の夜に、作家仲間の小澤基晴さんが声をかけて実現した出展作家30人が集まった飲み会で、名前と作品は知っているけど会ったことがない作家さん達と仲良くなれた事だった。

陶芸の人ばかりではなく、織物やガラス、木工、書道家の人など異なる素材を扱う人達も居たにもかかわらず、すぐに打ち解けて話ができてとても楽しかった。
それに皆、お互いの作品に敬意を払っている事が感じられて、とても居心地が良かった。

2日目は、前日の夜に仲良くなった作家さん達のブースを周って作品を見ながら話もできて、凄く勉強になった。
やはり一戦で活躍している人達には、あえて詳しくは語らないけれど、作る上での思想がちゃんと感じられて、作品にも深みを与えているようだ。
見習うべきところがたくさんあったし、同じような悩みを抱えているのもわかって、みんなと一緒にがんばっているような気もして心強くも感じた。

このクラフトフェアが終わって、出展作家達は全国に散らばって行くけれど、
また何処かで会って話ができると良いと思う。
[PR]
by gadget-pottery | 2013-05-28 20:15 | 陶芸
<< 静岡ギャラリーワタナベカメラの個展 美濃焼陶器まつり & 陶芸作家展 >>